Windows Tips & News

Windows Server 2022ビルド20289には、バージョン21H2のブランドが付属しています

click fraud protection

Microsoftは本日、Windows ServervNextの新しいInsiderPreviewをリリースしました。 ビルド20289は、会社がサーバーソフトウェアの製品リリース日を延期することを示しています。

インストール時に、Windows Serverは、「Windows Server 2022」と表示します。これは、以降の製品のマーケティング名です。 ビルド20285. ビルド20285の[Windowsについて]ダイアログにバージョン20H1がありました。

ただし、 Windowsについて この新しいビルドのボックス(winver)を使用すると、そのバージョンが現在のバージョンであることがわかります。 21H2.

この小さなことは、実際には大きな変化です。 これは、Microsoftが2021年の前半から今年の後半にリリースを延期していることを示しています。 実際、これはコンシューマーバージョンの新しいリリーススケジュールとうまく調和しています。 メジャーアップデートの前にマイナーアップデートを受信する. ただし、このサーバービルドでは、ReleaseID値のレジストリに「2009」と表示されます。

NS 変更ログ このサーバーリリースには、2つの既知の問題が含まれています。

  • シャットダウンイベントトラッカーは、ユーザーが管理者グループのメンバーであり、ユーザーがトラッカーウィンドウを適切に閉じている場合でも、ユーザーがログオンするたびに表示されます。
  • 一部のシナリオでは、自動ログオンが正しく機能しません。

おかげで Wzor 頭を上げるために。

セルゲイ・トゥカチェンコ、Winaeroの著者

本日、Microsoftは、サポートされているWindows10バージョン用の多数のパッチをリリースしました。 最新のWindows11 OSも、修正を加えた最初の累積的な更新を受け取りました。...

続きを読む

Winampスキンアーカイブをダウンロードする

このWebサイトでは、Cookieを使用して、Webサイト内を移動する際のエクスペリエンスを向上させます。 これらのCookieのうち、必要に応じて分類されたCookieは、Webサイトの基本的...

続きを読む

Windows11でSpotlightをデスクトップの背景として設定する方法

Windows11でSpotlightをデスクトップの背景として設定する方法

最近の変更により、Windows11のデスクトップの背景としてSpotlightを設定できるようになりました。 その後、OSはMicrosoftサーバーから新しい美しい画像を自動的にダウンロード...

続きを読む