Windows Tips & News

Windows 11ビルド22000.706は、リリースプレビューでデスクトップにWindowsスポットライトを追加します

おすすめされた: Windowsの問題を修正し、システムパフォーマンスを最適化するには、ここをクリックしてください

Microsoftは本日、リリースプレビューチャネルでWindows11ビルド2200.706をInisdersにリリースしました。 アップデートはパッチKB5014019の形式で提供されます。 Windowsのスポットライトをデスクトップの背景オプションに追加するため、ユーザーは毎日新鮮な壁紙を使用できます。 また、さまざまな修正と改善の膨大なリストが付属しています。

広告

Windows Spotlightは、ロック画面で最初に利用可能だった機能です。 Windows 10で最初に導入され、インターネットから新鮮なカラフルな画像を取得して、ロック画面の背景に適用します。

Windows 11では、Microsoftはその機能をデスクトップに拡張しました。 この機能は、ビルド22518以降の開発チャネルで最初に利用可能になりました。 その後、ベータチャネルへのパスを作成しました。ベータチャネルは、今後のホストになります。 Windows10バージョン22H2.

これで、インサイダープレビューチャネルのインサイダーは デスクトップでWindowsSpotlightを有効にする.

Windows11でSpotlightをデスクトップの背景として設定する

リリースプレビュービルド22000.706での変更点は次のとおりです。

Windows11ビルド22000.706の新機能

  • 新しい! 追加のスクリーンタイムのリクエストを送信する際の、子アカウントのファミリーセーフティ検証エクスペリエンスが改善されました。
  • 新しい! デスクトップ上のWindowsスポットライトは、新しい毎日の背景写真で世界をデスクトップにもたらします。 この機能を使用すると、新しい写真がデスクトップの背景として自動的に表示されます。 この機能は、ロック画面にすでに存在します。 また、Web上の各背景画像に関する詳細情報を見つけることもできます。 この機能をオンにするには、 設定>パーソナライズ>背景>背景をパーソナライズします。 選ぶ Windowsスポットライト.
  • 入力を引き起こす問題を修正しました(TextInputHost.exe)動作を停止するアプリ。
  • で問題を修正しました searchindexer.exe これは、MicrosoftVisioでの図形の検索に影響します。
  • ユーザーがAzureActiveDirectory(AAD)にサインインするときにインターネットから切断することにより、ユーザーが強制登録をバイパスするのを防ぎました。
  • AnyCPUアプリケーションを32ビットプロセスとして実行する可能性がある問題を修正しました。
  • 複数の部分的な構成を持つAzureDesiredState Configuration(DSC)シナリオが期待どおりに機能しない問題を修正しました。
  • Win32_UserまたはWin32_GroupWMIクラスへのリモートプロシージャコール(RPC)に影響する問題を修正しました。 RPCを実行するドメインメンバーは、プライマリドメインコントローラー(PDC)に接続します。 多くのドメインメンバーで複数のRPCが同時に発生すると、PDCを圧倒する可能性があります。
  • 一方向の信頼がある信頼できるユーザー、グループ、またはコンピューターを追加するときに発生する問題を修正しました。 「選択したオブジェクトが宛先ソースのタイプと一致しません」というエラーメッセージが表示されます。
  • パフォーマンスモニターツールのパフォーマンスレポートに[アプリケーションカウンター]セクションが表示されない問題を修正しました。
  • 表示モードを変更した後、表示の明るさが維持されない問題を修正しました。
  • を使用する一部のアプリに影響を与える可能性のある問題を修正しました d3d9.dll 特定のグラフィックカードを使用すると、それらのアプリが予期せず終了する可能性があります。
  • IEモードのウィンドウフレームに影響する問題を修正しました。
  • グループポリシーテンプレートに影響する問題を修正しました。
  • インターネットショートカットが更新されない問題を修正しました。
  • 一部のユーザーがWindowsにサインインおよびサインアウトしたときに黒い画面が表示される問題を修正しました。
  • IMEが前のテキストを変換しているときに文字を入力すると、入力方式エディター(IME)が文字を破棄する問題を修正しました。
  • デスクトップ複製APIに影響する問題を修正しました。これは、ディスプレイの向きに影響し、画面に黒い画像が表示される原因になります。
  • 低整合性レベル(LowIL)アプリケーションがヌルポートに印刷するときに印刷エラーが発生する問題を修正しました。
  • サイレント暗号化オプションを使用すると、BitLockerが暗号化できない問題を修正しました。
  • Windows Defender Application Control(WDAC)がオンになっているときにスクリプトを実行すると、誤検知が発生する問題を修正しました。 これにより、AppLockerイベント8029、8028、または8037がログに表示されるべきでないときに表示される可能性があります。
  • 複数のWDACポリシーを適用すると発生する問題を修正しました。 これを行うと、ポリシーでスクリプトの実行が許可されている場合に、スクリプトの実行が妨げられる可能性があります。
  • トラステッドプラットフォームモジュール(TPM)ドライバーに影響する問題を修正しました。これにより、システムの起動時間が長くなる可能性があります。
  • セッションを終了すると、リモートデスクトップクライアントアプリケーションが機能しなくなる可能性がある問題を修正しました。
  • Microsoft Defender Application Guard(MDAG)、Microsoft Office、およびMicrosoftEdgeのマウスカーソルの動作と形状の向きに影響する問題を修正しました。 この問題は、仮想グラフィックスプロセッシングユニット(GPU)をオンにしたときに発生します。
  • タスクバーのウィジェットアイコンにカーソルを合わせると、ウィジェットが間違ったモニターに表示される問題を修正しました。
  • アイコンをクリックまたはタップすると、ウィジェットアイコンにアニメーションが追加され、タスクバーが左側に配置されます。
  • 中央に配置されたタスクバーのデフォルトのウィジェットアイコンのレンダリングに影響する問題を修正しました。
  • ディスプレイの1インチあたりのドット数(dpi)のスケーリングが100%を超えると、検索結果でアプリアイコンがぼやける問題を修正しました。
  • キャッシュマネージャー内の書き込みバッファーの計算が間違っているためにファイルのコピーが遅くなる問題を修正しました。
  • Microsoft OneDriveが使用されている場合、ユーザーがサインアウトしたときにシステムが応答を停止する可能性がある問題を修正しました。
  • リカバリディスク(CDまたはDVD)を使用して作成した場合、リカバリディスク(CDまたはDVD)が起動しない可能性がある既知の問題を修正しました。 バックアップと復元(Windows 7) コントロールパネルのアプリ。 この問題は、2022年1月11日以降にリリースされたWindowsUpdateをインストールした後に発生します。

公式発表は 公式ブログ.

おすすめされた: Windowsの問題を修正し、システムパフォーマンスを最適化するには、ここをクリックしてください

この記事が気に入ったら、下のボタンを使って共有してください。 それはあなたから多くを奪うことはありませんが、それは私たちの成長に役立ちます。 ご協力ありがとうございました!

Windows10で通話履歴へのアプリアクセスを無効にする

Windows10で通話履歴へのアプリアクセスを無効にする

おすすめされた: Windowsの問題を修正し、システムパフォーマンスを最適化するには、ここをクリックしてください通話履歴のプライバシー設定は、アプリとユーザーの通話履歴アクセス許可をカスタマイ...

続きを読む

Windows10用のユーザーアカウントのデスクトップコンテキストメニューをダウンロードする

このWebサイトでは、Cookieを使用して、Webサイト内を移動する際のエクスペリエンスを向上させます。 これらのCookieのうち、必要に応じて分類されたCookieは、Webサイトの基本的...

続きを読む

Windows10でIPアドレスのジオロケーション情報を取得する

Windows10でIPアドレスのジオロケーション情報を取得する

おすすめされた: Windowsの問題を修正し、システムパフォーマンスを最適化するには、ここをクリックしてください前回の記事で見た bashを使用してIPアドレスのジオロケーション情報を取得する...

続きを読む