Windows Tips & News

マイクロソフトは、商用顧客向けのOffice2019プレビューを発表しました

MicrosoftはOffice2019 Commercial Previewを発表しました。これには、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Publisher、Access、Project、Visio、OneNote for Windows10が含まれます。 レドモンドのソフトウェア大手は、Office 2019 for Mac、Exchange 2019、SharePoint 2019、Project Server 2019、Skype for Business2019のプレビューバージョンも間もなくリリースします。 Office 2019は、Office365のようなクラウドソリューションの準備ができていない企業顧客を対象としています。

公式発表から:

Office 2019は、エンドユーザーが短時間ですばらしいコンテンツを作成できるようにする新機能を提供します。 更新には、ローミングペンシルケース、筆圧感度、傾斜効果など、アプリ全体で新しく改善されたインク機能が含まれます。 新しい数式、新しいグラフ、Power BI統合など、Excelでのより強力なデータ分析。 モーフやズームなど、PowerPointの洗練されたプレゼンテーション機能。 これらの機能は既にOffice365 ProPlusに含まれていますが、Office2016では使用できません。 新しいエンドユーザー機能のより長いリストについては、を参照してください。 よくある質問.

Office 2019には、Office2016ユーザーが利用できなかったOffice365サブスクライバー専用機能が含まれます。 これらには、改善されたインク機能、モーフ遷移およびズーム機能を含むPowerPointの新しいアニメーション機能、およびデータ分析用のExcelの新しい数式とグラフが含まれます。

Outlookは 新しい合理化された外観. Wordは、方程式の編集のためにLaTeX構文をサポートすることが期待されています。 インサイト機能は、WordおよびExcelで期待されています。

Visioは、既存のデータベースからデータベースモデルを作成する機能を再び取得します。 PowerPointはOfficeMix機能も取得する場合があります。

これらはすべて、サブスクライバー専用のOffice365機能です。 ただし、Office 2019は永久ライセンスバージョンであるため、リリース後の新機能は追加されません。そのため、セキュリティとバグ修正のみが提供されます。」

最終バージョンはに到着します 2019年後半.

Office 2019では、Windows10にアップグレードする必要があります。

Microsoftは、この世代のOfficeスイート以降、OfficeアプリのMSIパッケージのリリースを中止しました。 代わりに、アプリはClick-to-Runテクノロジーを使用してパッケージ化されます。

興味のあるユーザーは、Office2019コマーシャルプレビューに参加できます ここ.

ソース: マイクロソフト

ペイント3Dは無料のビュー編集サポートを取得しました

ペイント3Dは無料のビュー編集サポートを取得しました

おすすめされた: Windowsの問題を修正し、システムパフォーマンスを最適化するには、ここをクリックしてください最近のアップデートで、MicrosoftはPaint 3Dアプリに新機能を追加し...

続きを読む

Windows10でPowerShellを使用してネットワークの場所の種類を変更する

Windows10でPowerShellを使用してネットワークの場所の種類を変更する

おすすめされた: Windowsの問題を修正し、システムパフォーマンスを最適化するには、ここをクリックしてください私の以前の記事の1つで、私はあなたができる方法を書きました Windows 10...

続きを読む

インストールモジュールを修正する方法がPowerShellにありません

インストールモジュールを修正する方法がPowerShellにありません

おすすめされた: Windowsの問題を修正し、システムパフォーマンスを最適化するには、ここをクリックしてくださいMicrosoftのPowerShellは、オンラインカタログから追加のモジュー...

続きを読む