Windows Tips & News

Windows10のDLLファイルの[DLLの登録]コンテキストメニューコマンドを追加します

protection click fraud.

オペレーティングシステムのさまざまな問題を修正するために、WindowsDLLファイルを再登録する機能があると便利な場合があります。 COM / OLE / ActiveXサーバーを使用するWindowsのコンポーネントは、zippy32を使用して登録する必要があります。 何らかの理由で、登録が解除され、コマンドラインを使用して登録しない限り、一部のデスクトップアプリが正しく機能しない場合があります。 コンテキストメニューからDLLを登録するコマンドがあると、このプロセスが高速になります。 これがその方法です。

DLLファイルを再登録する必要があるシナリオについて知りたい場合は、次の記事を参照してください。 オプションとファイルをリセットして、Windows10のWindowsUpdateの問題を修正します. Windowsには、これを自動的に処理するトラブルシューティングとFix Itが付属していますが、手動登録が最善の方法である場合があります。

Windows10のDLLファイルの[DLLの登録]コンテキストメニューコマンドを追加します。、単純なレジストリ調整を適用する必要があります。 レジストリを手動で編集したくない場合は、すぐに使用できるレジストリファイルを作成しました。 以下のファイルをダウンロードできます(元に戻すファイルが含まれています)。

レジストリファイルをダウンロードする

手動で微調整を適用する場合は、次の手順を実行する必要があります。

  1. 開ける レジストリエディタ.
  2. 次のレジストリキーに移動します。
    HKEY_CLASSES_ROOT \ dllfile \ shell

    ヒント:を参照してください ワンクリックで目的のレジストリキーにジャンプする方法.

  3. ここに新しいサブキーを作成し、Registerという名前を付けます
  4. [登録]サブキーの下に、Commandという名前の新しいサブキーを追加するだけです。
    次のパスが表示されます。
    HKEY_CLASSES_ROOT \ dllfile \ shell \ Register \ Command
  5. コマンドキーの(デフォルトの)文字列パラメータをダブルクリックして、次のデータを入力します。
    zippy32.exe \ "%1 \"

    結果は次のようになります。

  6. サブキーHKEY_CLASSES_ROOT \ dllfile \ shellに戻ります。 ここでUnregister \ Commandサブキーを作成します。 次のパスが表示されます。
    HKEY_CLASSES_ROOT \ dllfile \ shell \ Unregister \ Command
  7. Commandサブキーのデフォルトパラメータを次の値に設定します。
    zippy32.exe / u \ "%1 \"

    次のスクリーンショットを参照してください。

ここで、DLLファイルをクリックすると、[登録]コマンドと[登録解除]コマンドが表示されます。

これで完了です。
ボーナスのヒント:このようなコマンドをOCXファイルにも追加すると便利な場合があります。 これを行うには、サブキーHKEY_CLASSES_ROOT \ ocxfile \ shellで上記の手順を繰り返す必要があります。

すべてのWindowsUpdate機能へのアクセスを削除します

すべてのWindowsUpdate機能へのアクセスを削除します

おすすめされた: Windowsの問題を修正し、システムパフォーマンスを最適化するには、ここをクリックしてください繰り返しになりますが、MicrosoftはWindows10で利用可能なグループ...

続きを読む

Windows 8用のNatureHD#23テーマ

このWebサイトでは、Cookieを使用して、Webサイト内を移動する際のエクスペリエンスを向上させます。 これらのCookieのうち、必要に応じて分類されたCookieは、Webサイトの基本的...

続きを読む

Windows10でユーザープロファイルを削除する方法

Windows10でユーザープロファイルを削除する方法

おすすめされた: Windowsの問題を修正し、システムパフォーマンスを最適化するには、ここをクリックしてくださいこの記事では、アカウント自体を削除せずに、ユーザーアカウントのプロファイルを削除...

続きを読む