Windows Tips & News

MicrosoftはWindowsDefenderのファイルスキップバグを修正しました

click fraud protection
Windows Defender SecuirtyCenterアイコンビッグ
返信を残す

数日前私は バグについて書いた Windows Defenderで、クイックスキャンまたはフルスキャン中にスキップされたファイルに関する通知を表示していました。 Microsoftはバグを公式に認めていませんが、最新のウイルス対策プラットフォームの更新により問題が解決されています。

アプリは、後に次の通知を表示していました クイックスキャン また フルスキャン、除外が定義されていない場合でも、除外のために一部のアイテムがスキップされたことを通知します。

NS アップデート Windows10のWindowsDefenderAntivirusで使用されるWindowsDefenderアンチウイルスプラットフォームの毎月の更新と修正が含まれます。 次のオペレーティングシステム用にリリースされています。

  • Windows 10(Enterprise、Pro、およびHomeエディション)
  • Windows Server 2019
  • Windows Server 2016

このアップデートにより、エンジンバージョンが4.18.2003.8に引き上げられます。

ただし、変更ログは、一部のユーザーに影響を与える可能性のあるいくつかの問題を示しています。

このアップデートの既知の問題

  • 新しいファイルパス更新プログラムでファイルパスの場所が変更されたため、AppLockerを有効にすると、多くのダウンロードがブロックされます。
    この問題を回避するには、グループポリシーを開き、設定を次のように変更します。 許可する 次のパスの場合:

    %OSDrive%\ ProgramData \ Microsoft \ Windows Defender \ Platform \ *

  • バージョン4.18.1901.7でのセキュアブートの問題 Windows 10を実行している一部のデバイスは、セキュアブートがオンになっていると起動しません。 現在この問題に取り組んでおり、将来のアップデートで修正を提供する予定です。 当面の間、この問題を回避するには、次の手順に従います。
    1. デバイスを再起動し、BIOSに入ります。
    2. セキュアブートをオフにしてから、デバイスを再起動します。
    3. 管理コマンドプロンプトウィンドウで、次のコマンドを実行します。"%programdata%\ Microsoft \ Windows Defender \ Platform \ 4.18.1901-7 \ MpCmdRun.exe" -revertplatform
    4. 1分間待ってから、次の手順を実行します。
      • 走る scクエリwindefend WindowsDefenderサービスが実行されていることを確認します。
      • 走る sc qc windefend WindowsDefenderバイナリがバージョンを指していないことを確認します 4.18.1901.7.
    5. デバイスを再起動し、BIOSに再度アクセスしてから、セキュリティで保護されたブートをオンにします。

このアップデートは、 Microsoft Update およびWSUS。

Windows10バージョン1903がインストールされているかどうかを確認します

Windows10バージョン1903がインストールされているかどうかを確認します

1返信Microsoftは、Windows10バージョン1903の「2019年5月の更新」の作業を終了しました。 間もなく、同社はWindows Updateと、メディア作成ツール/ ISOイメ...

続きを読む

Opera 53がリリースされました、これが新機能です

Opera 53がリリースされました、これが新機能です

おすすめされた: Windowsの問題を修正し、システムパフォーマンスを最適化するには、ここをクリックしてくださいOpera 53の最終バージョンは、本日早くにリリースされました。 それはあなた...

続きを読む

PeopleHubアーカイブにWindows10の連絡先がありません

このWebサイトでは、Cookieを使用して、Webサイト内を移動する際のエクスペリエンスを向上させます。 これらのCookieのうち、必要に応じて分類されたCookieは、Webサイトの基本的...

続きを読む