Windows Tips & News

Windows10ビルド15031の修正と既知の問題のリスト

click fraud protection
1返信

マイクロソフトは本日リリースしました Windows10ビルド15031 ファストリングインサイダー向け。 このビルドの既知の問題のリストは次のとおりです。

修正のリスト:

  • Tencentのアプリやゲームがクラッシュしたり正しく動作しなかったりする問題を修正しました。
  • OOBEを更新して、VMなどでオーディオ出力デバイスが検出されない場合に、Cortanaの紹介をスキップするようになりました。
  • [ゲーム]プラットフォームの問題が原因で、人気のあるゲームをロードしようとすると、クラッシュや黒い画面が発生する可能性がある問題を修正しました。
  • [ゲーム]ゲームモードがデフォルトでシステム全体で有効になっている問題を修正しましたが、[設定]の[オン/オフ]切り替えで誤って次のように表示されます ユーザーが手動で設定をオンに切り替えるまでオフになります。これにより、設定が更新され、ゲームモードシステムのステータスが正確に表示されます。 幅。
  • 前回のインサイダー飛行で、常夜灯のクイックアクションが予期せず無効になった問題を修正しました。
  • SpeechRuntime.exeがクラッシュした後、[スタート]メニューを開くたびに音声が静かになる問題を修正しました。
  • すべてのアプリリストからアプリをドラッグして、スタートのタイルグリッドに固定できるようになりました。 また、最近のビルドで、アップグレード後に一部のタイルが予期せず空白になり、名前が「P〜…」で始まる場合がある問題を修正しました。
  • Snipping Toolがすでに実行されている場合、Win + Shift + Sが画面の領域をキャプチャするために機能しない問題を修正しました。 また、60〜80%が選択されている場合、4kモニターでSnippingToolを使用してSnipを取得できない問題を修正しました。
  • chkdskの実行時に、「Fn」+「Pause / Break」キーが機能してチェックの進行を一時停止しない問題を修正しました。
  • ペンを使用したウィンドウのサイズ変更が予想外に遅くなる問題を修正しました。 また、DPIが異なるモニター間でウィンドウのサイズを変更すると予測できない問題も修正しました。
  • Microsoft Edgeがダークテーマを使用しているときに、WindowsInkのハイライトプレビューがWebノートに表示されない問題を修正しました。
  • 精密タッチパッドでの3本の指によるスワイプのジェスチャ認識が改善されました。
  • アップグレード後に、GLOB(0xXXXXXX)という名前のファイルがシステムルートディレクトリで予期せず検出される可能性がある問題を修正しました。
  • 最近のフライトでファイルエクスプローラーを介してディスクボリュームの名前を変更できない問題を修正しました。
  • たとえば、ボタンをすばやくタップして新しい共有エクスペリエンスを表示する問題を修正しました Microsoft Edgeでは、デバイスが起動するまで共有UIが再び表示されない可能性があります 再起動しました。
  • アプリの再開時に写真とGrooveミュージックのサムネイルのリストが目に見えて上に移動する問題を修正しました。
  • テーマを削除すると、テーマ設定ページが点滅する問題を修正しました。
  • [設定]の各ページのヘルプ文字列を更新して、もう少しわかりやすくしました。
  • ポーランド語のキーボードで[設定]検索ボックスにęを入力できない問題を修正しました。
  • 最近のフライトで、Cortanaバックグラウンドタスクホストが予想外に大量のCPUを使用してしまう可能性がある問題を修正しました。 また、Cortanaからの2要素認証通知を短縮して、切り捨てられないようにしました。
  • 別のPCへのリモート接続を開始した後、資格情報を入力するUIがキーボードフォーカスを持たない問題を修正しました。
  • XAMLベースのアプリで不正な形式のGIFを処理する際の信頼性が向上しました。
  • これで、[設定]> [ゲーム]で、アイコンが四角ではなく期待どおりに表示されるはずです。

既知の問題のリスト:

  • [更新]重要:このビルドをダウンロードしてダウンロードしようとすると、「初期化中…」と表示される場合があります このビルドのダウンロード時に表示される進行状況インジケーターは、[設定]> [更新とセキュリティ]> [Windows]で壊れているように見える場合があります アップデート。 0%または他のパーセンテージでスタックしているように見える場合があります。 インジケーターを無視して、辛抱強く待ってください。 ビルドは正常にダウンロードされ、インストールが開始されます。 詳細については、このフォーラム投稿を参照してください.
  • この問題の原因となる主要なバグを修正しましたが、一部のWindows Insiderは、Spectrum.exeサービスでノンストップ例外をヒットしてPCを引き起こす可能性があります。 オーディオが失われる、ディスクI / Oの使用量が非常に高くなる、MicrosoftEdgeなどのアプリが開くなどの特定のアクションを実行すると応答しなくなる 設定。 この状態から抜け出すための回避策として、Spectrum.exeサービスを停止し、C:\ ProgramData \ Microsoft \ Spectrum \ PersistedSpatialAnchorsを削除して再起動します。 詳細については、このフォーラムの投稿を参照してください。
  • [設定]> [デバイス]に移動すると、設定アプリがクラッシュします。 Bluetoothデバイスをペアリングできなくなります。 アクションセンターからのBluetoothクイックアクションも機能しません。
  • アクションセンター、Win + K、または設定を介してConnect UXを起動することはできません(起動時にクラッシュします)。 これは、ワイヤレスプロジェクションシナリオに影響を与えます。
  • [ゲーム]一部の人気のあるゲームは、起動時にタスクバーに最小化される場合があります。 タスクバーでゲームをクリックすると、ゲームを元に戻すことができます。
  • [ゲーム]特定のハードウェア構成により、ブロードキャスト中にゲームバーのブロードキャストライブレビューウィンドウが緑色に点滅する場合があります。 これは放送の品質には影響せず、放送局にのみ表示されます。
  • Microsoft Edge F12ツールは、断続的にクラッシュ、ハング、および入力の受け入れに失敗する場合があります。
  • MicrosoftEdgeの[要素の検査]オプションと[ソースの表示]オプションは、それぞれDOMエクスプローラーとデバッガーに対して正しく起動しません。
  • [設定]> [更新とセキュリティ]> [Windows Update]で、PCが組織によって管理されていない場合でも、「一部の設定は組織によって管理されています」というテキストが表示される場合があります。 これは、Insider Previewビルドの更新されたフライト構成設定によって引き起こされるバグであり、PCが誰かによって管理されていることを意味するものではありません。
  • 一部のPCでは、「デバイス使用中」エラーでオーディオが散発的に機能しなくなります。 調査中です。 オーディオサービスを再起動すると、少し問題が解決する場合があります。
  • アクションセンターは、色がなく、空白で透明に見える場合があります。 これが発生した場合は、タスクバーを画面上の別の場所に移動してみてください。
  • [設定]> [更新とセキュリティ]の下にあるWindowsInsider Programのアイコンは、四角で表示されます。
スリープおよびモダンスタンバイ用のWindows11でウェイクアップパスワードを無効にする

スリープおよびモダンスタンバイ用のWindows11でウェイクアップパスワードを無効にする

Windows 11のスリープ、モダンスタンバイ、および休止状態の状態でウェイクアップパスワードを無効にし、Windows11がウェイクアップ時にサインインを要求しないようにすることができます。...

続きを読む

Windows8.1のファイルエクスプローラーで選択を反転する方法

Windows8.1のファイルエクスプローラーで選択を反転する方法

以前はWindowsエクスプローラーと呼ばれていたファイルエクスプローラーは、Windows8.1のデフォルトのファイルマネージャーです。 Windows 8以降、 通常のファイル管理にすばやく...

続きを読む

Firefoxパスワードマネージャーは、Windows10の資格情報で追加の保護を取得します

Firefoxパスワードマネージャーは、Windows10の資格情報で追加の保護を取得します

おすすめされた: Windowsの問題を修正し、システムパフォーマンスを最適化するには、ここをクリックしてくださいMozillaは、ブラウザに統合されたパスワードマネージャであるFirefoxL...

続きを読む